小型から大型まで、いろんな種類のトラックがありますが、トラックに荷物をのせて運ぶ仕事を総称してトラックドライバーと呼んでいます。近年ますますニーズが高まる運送業へ、転職を考えている方も少なくないでしょう。そこで、トラックドライバーへの転職に役立つ情報をお伝えします。

トラックドライバーに関する基本情報

トラックドライバーの仕事内容

トラックドライバーはネット通販が盛んに利用されるようになった現代において、これまで以上に必要不可欠な職業となりました。トラックドライバー全体の主な仕事内容としては、依頼を受けた荷物を指定の場所へ行…

誰でもなれる?トラックドライバーに必要な資格

自動車免許には普通免許以外にも中型免許や大型免許があります。そのため、トラックと一口に言っても必要な免許はトラックによって変わってきます。では、中型免許と大型免許ではどのように違うかというと車両総…

>

トラックドライバーの求人と給与

トラックドライバーの求人の見方

トラックドライバーは、ハードな仕事というイメージを持っている方も多いようです。好条件で働くためにも、優良な会社を見極める必要があります。ここでは、トラックドライバーの求人を探す際に、押さえるべきポイントをご紹介します。

雇用形態は正社員か?

給与体系をチェック!固定給や歩合制がある

勤務時間帯や休日は会社によって異なる

稼げるの?トラックドライバーの給料事情

平均的なトラックドライバーの給料は

トラックドライバーの給料といっても様々ですが、大型トラックのドライバーに関しては月収が平均で約35万円、年収にすると420万円くらいだと言われています。これが普通トラックのドライバーだと月収が約31万円、年収は372万円です。年齢によっても収入にバラつきがあり、年収のピークは40代といわれています。また、運ぶ地区・距離・積載物によっても月収は変動します。トラックドライバーは歩合給などの割合が事務職などに比べ大きく割り当てられているのが特徴です。歩合給が多いので、頑張り次第では大きく稼げる可能性を秘めています。給料体系は所属する会社によって違いますが、無事故の場合に貰える無事故手当てや、皆勤手当てを設けている会社が多いようです。

トラックドライバーが稼げる理由

トラックドライバーには稼ぎやすい要素がいくつかあります。一つ目は自分のペースで働けることです。一部のトラックドライバーは年収1,000万円を超える人も存在します。歩合制で大きく稼げるため、体力と気力に余裕があれば収入を上げることができます。二つ目は長距離ドライバー特有の手当てです。長距離の運搬はその分手当てがつくため、大きな収入源となります。 三つ目は大型トラックドライバーの存在です。大型車は運転可能な人が限られるため、大型の長距離ドライバーは高い給料を提示されている会社が多く、高額の収入を得ることができます。四つ目の理由は散財しにくいことです。一日の大半をトラックの車内で過ごすので給料を使うタイミングが少ないですし、自宅に帰っても寝るだけの場合が多いので単身者は広い部屋を借りず、その分貯蓄するそうです。

© Copyright Truck Driver Income. All Rights Reserved.